隣り合うパウダー分子の隙間がなく密着性が高いもの 傷跡やあざを隠すほどの高いカバー力を実現するため...

傷跡やあざを隠すファンデーション選びの3つのポイント

隣り合うパウダー分子の隙間がなく密着性が高いもの
傷跡やあざを隠すほどの高いカバー力を実現するためには、隣り合うパウダー分子の隙間をできる限りなくすことが重要です。隙間が大きければ大きいほど、凹凸や色が目立ってしまうからです。微細なパウダーを採用し、パウダー同士の密着力を大幅に高めているファンデーションを選ぶことで、パウダー同士の隙間をなくすことができます。
傷跡やあざなどの複雑な色味をカバーできるもの
傷跡やあざは他の肌の色と比べて複雑な色味をしています。肌色をカバーするためだけに作られたものでは、しっかりと塗っても傷跡やあざの部分だけが目立ってしまいます。そこで、どんな色味にも対応できるように、光の反射を駆使した色のマジックできれいな肌色に見せてくれるものを選びましょう。
耐水性に優れているもの
せっかく傷跡やあざをきれいにカバーしていても、汗を掻いたり雨に濡れてしまってメイクが崩れてしまうと台無しになってしまいます。崩れるたびに化粧直しをするというのも大変です。そこで、水を弾いてくれる耐水性に優れたものを選びましょう。汗や雨をハンカチで拭き取ってもメイクが崩れないものを選ぶと安心です。